基本編:KLAN式スピード指数を使って予想をしてみよう

writerの投稿

KLAN式スピード指数データの説明や、KLAN式スピード指数を使うための情報の見方、さらにKLANがオススメする指数を活用した予想方法を紹介します。(2012/09/28現在)

基本編では、KLAN式スピード指数データの説明、予想方法を解説します。

  1. 馬柱ページの、出走馬の近5走の指数を使ってみよう
  2. 馬柱ページでわかること・予想への活用方法
  3. 出走馬ページの、過去レースの指数を使ってみよう
  4. 出走馬ページでわかること・予想への活用方法
  5. スピード指数ページの、出走馬の指数を使ってみよう
    (※2012/10/12 バージョンアップ)
  6. スピード指数ページでわかること・予想への活用方法
    (※2012/10/12 バージョンアップ)
  7. 指数による能力上位馬のピックアップを使ってみよう
  8. ピックアップからわかること・予想への活用方法
  9. 評価印、馬メモ、レースメモを使ってみよう
  10. 評価印、馬メモ、レースメモを予想への活用方法

もちろんこの記事で紹介する方法以外にも、スピード指数を使った予想は数多く存在します。KLAN式スピード指数を予想材料に、独自の予想理論を構築してみて下さい。

1. 馬柱ページの、出走馬の近5走の指数を使ってみよう

[1] クラス勝ち上がり目安の指数


当該レースと同じクラスで、1着になった馬の指数を平均したものです。このクラスを勝つために必要な指数とみることができます。

[2] 出走全馬の近5走のスピード指数


スピード指数を開いた状態では、当該クラスの勝ち上がり目安の指数を超えた指数は赤文字で、目安以下の指数はグレーの文字で表示されています。絞り込み機能のスライダーを動かすことで、特定の指数以上(または以下)の馬を簡単に見つけることができます。

[3] 絞り込み機能(スライダー、同条件のチェック項目)


スライダー(青いバー)の端をクリックしたまま左右にドラッグすることで、過去5走の指数を絞り込むことができます。


同条件のチェック項目(競馬場・距離)にチェックを入れることで、当該レースと同じ競馬場・距離のレースを、近5走の中から強調表示することができます。

2. 馬柱ページでわかること・予想への活用方法

[1] 指数の大小で馬の持つ能力を比較しよう

出走各馬の過去5走の指数を見比べてみましょう。異なるレースを勝ってきた2頭の指数を見比べると、同じ着順でもどちらの勝ちに価値があったのか(内容が伴っていたのか)が分かります。

たとえ着順が低くても、高い指数をマークしていた馬がいる場合は注意が必要です。

[2] クラス勝ち上がり目安の指数と比較しよう

当該クラスを勝つために必要なスピード指数の平均を上回る指数をマークした経験のある馬は、既にそのレースを勝ち上がる能力を持っており、好走の可能性が高いと考えることができます

[3] 絞り込み機能を使って、競馬場や距離の適性を見よう

能力面からのアプローチに加え、同競馬場や同距離で高い指数をマークしていれば、適性面でも評価が上がります。逆に、特定の競馬場や距離で指数を下げている馬の場合は、適性が低いと考え、評価を下げることができます。

[4] 近走の指数で調子を見よう

一頭の指数を直近数レース分比較し、連続して低い指数をマークしている馬は急激な好走は見込めない。逆に数レース続けて安定した上位の指数を残している馬は、今走でも好走に期待が持てるなど、調子のバロメーターとして指数をみる方法も有効です。

過去レースに遡って一頭の指数を比較することで、その馬の指数の出方(指数の上下が激しいタイプ、なだらかなタイプなど)も分かります。なお、出走馬ページでは直近8レース分の指数グラフも表示されますので、合わせて参考にしてください。

3. 出走馬ページの、過去レースの指数を使ってみよう

[1]スピード指数グラフ


「最近8レースの成績と指数」項目で [スピード指数を表示] をクリックすると、最近8レースの指数をグラフで表示することができます。グラフ上部に薄い水色で表示されるエリアが、クラス勝ち上がり目安の指数のエリアです。

4. 出走馬ページでわかること・予想への活用方法

[1] スピード指数グラフを使って、馬の指数の出方を見よう

近8走の指数を数値からグラフに変えて見ることで、馬の調子やタイプを掴みやすくなります。グラフが平坦な馬は、大きく崩れるレースは少ないものの、急な激走の可能性も少ない。逆にグラフの上下が激しい馬は、特定の競馬場や距離など、条件がハマった時に激走する可能性が高いと考えることができます。

気になった条件が見つかれば、[全成績を開く] をクリックすることで、過去走すべての指数をさらに詳しく見ることができます。

5. スピード指数ページの、出走馬の指数を使ってみよう
(※2012/10/12 バージョンアップ)

下記の内容は旧バージョンでの使い方が含まれています。新バージョンでのスピード指数ページの使い方を、順次掲載予定です。

[1] 近5走のスピード指数上位馬


出走馬の過去5走の中から、スピード指数の能力上位10頭を表示します。勝ち上がり目安の指数を超えた指数は、赤く表示されます。
このページのランキング表示から、馬柱表示で近5走のスピード指数を詳しく見たい場合は、画面右下の [詳しく見る] のリンクをクリックしてください。

[2] 競馬場・コースが得意な馬


出走馬の過去走すべての中から、今走と同じ競馬場・コースの条件に限定したスピード指数の能力上位5頭を表示します。右側の虫眼鏡アイコンにマウスを乗せると、その指数をマークした日付とレース名が表示されます。

[3] コース・距離が得意な馬


出走馬の過去走すべての中から、今走と同じコース・距離の条件に限定したスピード指数の能力上位5頭を表示します。

[4] 稍重・重・不良馬場が得意な馬


出走馬の過去走すべての中から、「稍重・重・不良」馬場の条件に限定したスピード指数の能力上位5頭を表示します。「稍重・重・不良」の条件は、JRAの公式発表に基づきます。

6. スピード指数ページでわかること・予想への活用方法

[1] 指数の大きい馬を簡単に見つけよう

スピード指数ページに表示されるデータは、すべて指数の大きい順にランキング形式で表示されるので、能力の高い馬を簡単に見つけることができます。

全馬を指数順に表示しているので、同一の馬が高い指数を繰り返しマークしている場合は複数表示されます。近5走のスピード指数上位馬の中に同じ馬名が複数表示されれば、それだけ近走で調子が良いし能力も高い、出走メンバーの中でも能力上位の馬だと判断することができます。

[2] 特定の条件が得意な馬を簡単に見つけよう

競馬場・コースが得意な馬、コース・距離が得意な馬を見ることで、今走と同条件下で好走の多い馬を見つけることができます。

ただ、データを見る際に注意が必要なのは、近5走のスピード指数上位馬と違って、新馬戦からの前走まで、過去走すべての指数ランキングだということです。

特定の条件でいくら高い指数をマークしていても、それが何年も前にマークした指数であれば、そのまま鵜呑みにすることは危険です。必ず近走の指数もチェックし、同等の指数が出せそうか否かの判断が必要です。

[3] 稍重・重・不良馬場が得意な馬を簡単に見つけよう

天候の変化により馬場状態が悪化すると、出走馬の競走能力がフルに発揮されず、能力以上に特殊な馬場への適性が問われます。特に重・不良馬場もレースでは、過去に良馬場でマークしたスピード指数の信頼度が下がることは想像に難くありません。

稍重・重・不良馬場の適性を重視して、出走馬の力関係から「この指数差ならば逆転も可能ではないか」と推測すると、指数上位馬以外の穴馬の発見に繋がります。

7. 指数による能力上位馬のピックアップを使ってみよう

[1] 能力上位馬のピックアップマーク

出走馬名上部に、力関係がひと目で分かるピックアップマークがつきます。

馬柱の下部に表示される、近5走のスピード指数のうち、ピックアップの対象となった高い指数にもマークがつきます。


出走馬名に付く緑色のチェックマークは、当該レースにおける指数上位馬の目印です。ピックアップマークの付いた馬の中から、毎週おおよそ7割にあたるレースで勝ち馬が出ています。

ピックアップの条件は、前走の指数が高い順に4頭、2~5走の指数が高い順に3頭、1レースで7頭が目安です。前走と2~5走の指数が高い馬が重複した場合、ピックアップ数は減ります。逆に複数頭が同指数で並んだ場合、ピックアップ数が増えます。

8. ピックアップからわかること・予想への活用方法

[1] ピックアップの付き方や数で、出走メンバーの力関係や構成を把握する

ピックアップされる馬が多いレースは、前走の能力上位馬と2~5走前の能力上位馬が異なっている場合に起こります。これは出走馬の中でも能力の高い馬が複数頭存在しているため、能力が拮抗しているレースと考えることができます。

逆にピックアップされる馬が少ないレースは、前走の能力上位馬と2~5走前の能力上位馬が重複している場合で、少数の馬の能力が抜けているレースと考えることができます。荒れる荒れないの判断など、出走馬の力関係を考える材料に最適です。

[2] 前走の指数上位の馬に、過去走の指数が高かった馬を組み合わせる

ピックアップマークが付いた馬の中で最も競走成績が良いのは、前走でマークした指数がピックアップの対象となった馬です。ただし、前走で高い指数を残した馬は、前走着順も良い場合が多く、人気を集めるのは必然です。

逆に過去2~5走前でマークした指数がピックアップの対象となっている馬は、条件が合えば激走の可能性が高いため穴馬候補になります。直近の着順が悪い場合はなおさらです。

9. 評価印、馬メモ、レースメモを使ってみよう

[1] 評価印、馬メモ、レースメモ機能

画面右上、鉛筆マークをクリック。

評価印、馬メモ、レースメモなどの入力項目が表示されます。

ページをスクロールしても画面右上に常時表示されている、鉛筆マークをクリック。メモ画面が表示されて評価印、馬メモ、レースメモを取ることができます。これはKLANへログインをしてメモを残せば、パソコンを閉じても保存されている、オンラインメモ機能です。

10. 評価印、馬メモ、レースメモの予想への活用方法

[1] スピード指数を見ていて気になったことは、すべてメモに残そう

ひとつの競馬場で1日12レース。様々なページに表示される出走馬のスピード指数データを、すべて頭に記憶しておくことは不可能です。能力や適性、調子など、スピード指数データを閲覧して気がついたことは、すべて書き留めておきましょう。テキスト形式、馬印形式の両方でメモが残せます。

[2] 予想を馬券に落とし込む最終判断は、マイレースページで行おう

スピード指数以外の、出走馬分析や傾向分析、コース分析ページでもメモを取り終えたら、マイレースページにアクセスしましょう。書き残した評価印、馬メモ、レースメモを一覧することができます。メモの情報を取捨選択の材料に、馬券の購入までをこのマイレースページで行うことができます。(IPAT投票機能は、2012年10月リリース予定です)

» 初級編:KLAN式スピード指数のデータを見てみよう はこちらから

» KLAN式スピード指数 の紹介ページはこちらから

» KLAN のトップページはこちらから