[KLANレポート]スピード指数について

このエントリでは、[KLANレポート]スピード指数について、使い方やデータの説明をご紹介します。

「スピード指数」で表示されるデータについて

KLANレポート スピード指数

KLANレポート スピード指数

「KLANレポート」ではこのように表示されます。

アイコンが表示されているデータは、クリックすると元となったデータがあります。

スピード指数に関する詳細なデータ・レポートはデータメニュー・レポートメニューというボックスからも選択できます。

スピード指数一覧

スピード指数レポート スピード指数一覧

スピード指数レポート スピード指数一覧

近5走の各馬のスピード指数が並んでいます。後述する「軸馬目安指数」を元に、指数の表示を強調しています。強調表示に関しては、以下のルールとなっています。

目安指数を超えたレース
目安指数を超えていた場合の表示です。この数が多いほど、出走メンバー間で能力上位と考えられます。
トラックが異なるレース
今回出走するレースとトラック条件(芝・ダート)が異なるレースの場合の表示です。サンプルでは、フェブラリーSはダートのレース、カレンブラックヒルの近5走はいずれも芝のレースなので、全てに網がかかっています。
トラックが異なり、目安指数を超えたレース
今回出走するレースとトラック条件は異なるが、目安指数をこえていた場合の表示です。能力は足りているので「異なるトラック条件に対応できるか」を考える必要があります。

右側には「能力偏差値」と、それによる軸馬候補がアルファベットでピックアップされています。能力偏差値は以下のエントリも参考にしてください。

▼「KLAN式スピード指数」アプリをバージョンアップしました
http://blog.klan.jp/1329

▼「KLAN式スピード指数」アプリの「能力偏差値」算出のアップデートを行いました
http://blog.klan.jp/1385

スピード指数ランキング

スピード指数レポート スピード指数ランキング

スピード指数レポート スピード指数ランキング

近5走のスピード指数をしてランキング化して10位までを表示しています。馬名の後ろに()がついている場合、複数回ランクインしています。回数が多いほど、価値の高いレースをしている馬と考えられます。

目安指数比較

スピード指数レポート 目安指数比較

スピード指数レポート 目安指数比較

「軸馬目安指数」と「相手馬目安指数」という2つの基準値を用意しました。

「軸馬目安指数」とは
軸馬を決めるために目安とする指数です。算出方法は、出走馬のスピード指数を降順に並べ、上位20%を含む区切りとなる数値。この数値を超えている回数が多いほど、『相対的な能力上位馬』と考えられます。
「相手馬目安指数」とは
相手(紐)となる馬を決めるために目安とする指数です。算出方法は、出走馬のスピード指数の中央値です。近5走でこの数値を超えていないと、『相対的に能力不足』と考えられます。

安定感x最大値

スピード指数レポート 安定感x最大値

スピード指数レポート 安定感x最大値

近5走のスピード指数の「安定感」と「最大値」を元に各馬を評価します。

また、「安定感」と「最大値」をグラフ形式にて表示。「グラフの幅が狭いほど安定」、「グラフが右に寄るほど能力上位」と考えられます。

「スピード指数」の使い方

オススメは「軸馬目安指数」と「相手馬目安指数」を使った相対的な能力比較。予想をする際には、ここのまず確認して各馬の能力を把握し、それから適性や調子といった細かい精査に入るのがよいでしょう。

めんどくさいのはいや!という人は「能力偏差値」を。相対的な能力評価をスピード指数を元に偏差値化しています。偏差値が「65」を超える馬の複勝率は55%と2回に1回の割合で好走していますので、頭を使わずに軸馬を決められるでしょう。

KLAN式スピード指数はKLANプレミアムプランでご利用いただけます!

KLAN式スピード指数は、走破タイムをベースとして競走馬の能力を評価します。KLAN式の優れた点は、デジタルな指数計算に加え、レース映像から得られるアナログな要素を調整することです。これにより、実践に活きるスピード指数へと昇華します。

ご購入日から30日間ご利用できるサービスですので、使いたいと思ったその日からぜひお試しください。


KLANだからできる、一歩差がつく競馬予想ツール