混戦模様?桜花賞のスピード指数&サンシャインが来ない4つの理由

第72回 桜花賞 G1

2012年4月8日(日) 2回阪神6日目
3歳・G1 芝1600m(外) 定量 15:40発走 コース詳細出走馬一覧


こんにちは。KLANの鈴木です。

今週行われるレースは、牝馬クラシックのひとつめ、第72回桜花賞です。先週リリースしたKLAN式スピード指数を見ながら予習していきたいと思います。

穴人気している(?)サンシャインが来ない理由は、記事下部の「出走馬考察」にあります。

“サンシャイン”と聞くと「呪いのローラー」を思い出す世代の方、KLANブログにようこそ!

 

桜花賞の馬柱

第44回桜花賞(G3) 2012年4月1日中山11R‐馬柱

第72回桜花賞(G1) 2012年4月8日阪神11R‐馬柱

第72回桜花賞(G1) 2012年4月8日阪神11R‐馬柱

馬名の下に付いている緑色のチェックアイコンは、スピード指数を使うと表示される「強い馬」マーク。「ピックアップ馬」なんて呼んだりしています。

前走と2~5走前のスピード指数を出走メンバーで比較し、その中で上位の指数をマークしていた馬に付く印です。

競馬新聞の出馬表をパッと開いた時、多くの方がはじめに眺めるのは、記者の打った印だと考えています。予想の入り口として、能力上位馬をサッと確認できます。

 

桜花賞出走馬の近5走スピード指数

第72回桜花賞(G1) 2012年4月8日阪神11R‐指数

第72回桜花賞(G1) 2012年4月8日阪神11R‐指数

前走から5走前までのスピード指数です。上部に設置してあるバーで指数の範囲を指定することで、高い指数だけを絞り込むことができます。

 

指数からは混戦模様

桜花賞の勝ち上がり目安の指数は「80」。

出走馬の中で最も高い指数をマークしていたのはジョワドヴィーヴル。阪神JFを勝った際に「79」という数値を残しています。

それに続く他馬の指数が「76~75」前後。力がかなり拮抗している印象。

 

昨年の勝ち馬・マルセリーナが、前走エルフィンステークスを勝った時の指数は「77」。2着ホエールキャプチャ、3着トレンドハンターの前走指数は同じ「74」。

おおむね70半ば以上の指数をマークした実績のある馬が、勝ち負けの対象と考えて良さそうです。

 

ピックアップ&実力上位馬

  • エピセアローム*
  • パララサルー*
  • マイネエポナ
  • イチオクノホシ
  • ジェンティルドンナ*
  • アイムユアーズ*
  • プレノタート
  • サウンドオブハート*
  • ジョワドヴィーヴル*
  • アラフネ*

(*はピックアップ馬、その他は指数74以上)

 

桜花賞の出走馬・穴馬考察

search

サンシャイン

今回はエルフィンSを勝ってきたサンシャイン(前日8番人気)に注目してみました。

指数とは少し離れて過去の傾向的な話になります。

2011年のエルフィンS勝ち馬はマルセリーナで後の桜花賞馬。2010年はエーシンリターンズ。2009年はレッドディザイアと、勝ち馬は毎年のように桜花賞で馬券に絡んでいます。

こんな前例があるからか、「エルフィンS勝ち馬、サンシャイン来ますよ!」とある知人は息巻いているわけです。「しかも鞍上強化!デムーロ!」なんてことも言いながら(笑)

 

そこまで言うなら!というわけではないのですが、2009年~2011年のエルフィンSのラップタイムと、今年のエルフィンSのラップタイムとを比較しながら、好走の可能性を探ってみましょう。

2009年・勝ち馬レッドディザイア


エルフィンステークス 2009年2月7日京都9R‐レース結果|KLAN

2010年・勝ち馬エーシンリターンズ


エルフィンステークス 2010年2月6日京都9R‐レース結果|KLAN

2011年・勝ち馬マルセリーナ


エルフィンステークス 2011年2月5日京都9R‐レース結果|KLAN

2012年・勝ち馬サンシャイン


エルフィンステークス 2012年2月4日京都10R‐レース結果|KLAN

上図はKLANのレース結果ページに表示される、ラップタイムの線グラフです。こうして見ると、その年ごとのペースがどうだったのか人目で分かると思います。ちなみにKLANの本サイト側、全レースの結果ページ下部に置いてあります。

 

ラップタイムからの雑感

エーシンリターンズが勝った2010年は中盤が緩んでいますが、テンと後半はおおよそ09、11年と似通っています。

過去3年のラップ増減と比べてみると、今年のエルフィンSがいかに異質なレースだったのかが分かると思います。(テンからスロー、中盤も大きく緩む、あまりのスローペースにラスト1ハロンのタイムが落ちずに上がっている、など)

レースに勝つために求められた資質が全く異なっていたのではないでしょうか。折り合いや上がりの瞬発力。ここが他馬よりも秀でていたため、サンシャインは勝ち上がってきた、とも考えられそうです。

 

サンシャインのペース対応力は?

サンシャインの前々走、シンザン記念はハイペースのレースでした。詳しい内容は以下でご確認頂くとして、結果は11着に惨敗。

第46回シンザン記念(G3) 2012年1月8日京都11R‐レース結果|KLAN

今年の桜花賞が超スローペース想定なら話は別。ただし、例年並みのペースを想定するようであれば、「エルフィンS勝ち馬だから」という安易な理由でサンシャインに手を伸ばすのは危険。

では知人に向け、今年のエルフィンS勝ち馬・サンシャインが来ない理由をまとめます。

 

エルフィンS勝ち馬でも、サンシャインが来ない4つの理由

  1. 過去のエルフィンS勝ち馬は、ミドルペース以上のレースで勝っていた
  2. サンシャインが勝った今年のエルフィンSは、超スローペースだった
  3. サンシャインは前々走、ペースの速かったシンザン記念で惨敗している
  4. 桜花賞はミドル~ハイペースになることが多い(近5年のうちスローは一度)

今年はFレビュー組が中枠から前に行けそうなので、最低でもミドルペースを想定します。

先行策が予想されるアイムユアーズの鞍上は、昨年秋の天皇賞でトーセンジョーダンを操り強気の競馬を見せたピンナ騎手。ここからも溜めて溜めてという競馬にはならなそうです。

ここまで言っておいて、サンシャインがあっさりとペースを克服して上位に来た日には、もう「すみません!」と謝るしかありません(笑)

 

有料のスピード指数はもちろんですが、レース結果ページなど、KLANには無料で御覧頂ける様々なデータが詰まっています。ぜひアクセスして頂き、みなさんの競馬予想のお役に立てればと思います。

 

KLAN式スピード指数のご紹介

今回紹介した「KLAN式スピード指数&ピックアップ」は、いつもご覧頂いているKLANの様々なページ上に、スピード指数とピックアップマークを追加表示する拡張機能です。提供するレースは、障害戦と新馬戦を除いた中央競馬の平場、重賞すべてのレース。

馬柱ページをはじめ、近5走での絞り込み競走馬成績レース結果など、KLANが提供してきた予想データをさらに強化する内容を、月額500円で提供しています。ぜひご利用下さい。