クラスターカップ(Jpn3)

2016年8月16日に開催されたクラスターカップ(Jpn3・盛岡・ダート1200m)に関するデータページです。
過去5年のレース傾向、ラップタイム、レース結果・映像(YouTube)、KLANユーザーのブログ記事を見ることができます。クラスターカップの予想にご参考ください。

この地方競馬データページは競馬データベースサイトKLANが提供している開発版機能です。
本ページへの機能追加要望、不具合報告などございましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

クラスターカップの傾向データ

枠番の傾向

8枠の複勝率
62.5%
  1. 1枠
    1
  2. 2枠
    1
  3. 3枠
    1
  4. 4枠
    1
  5. 5枠
    0
  6. 6枠
    3
  7. 7枠
    0
  8. 8枠
    5
3着以内の数

所属の傾向

JRA所属馬の成績
4-4-3-13
3着内占有率
JRA
73.3%
地方
26.7%

開催条件

2016
盛岡・ダ1200m
  • 2015/08/12
    曇・良
    盛岡・1200m
  • 2014/08/13
    曇・稍重
    盛岡・1200m
  • 2013/08/14
    晴・良
    盛岡・1200m
  • 2012/08/14
    晴・重
    盛岡・1200m
  • 2011/08/15
    曇・良
    盛岡・1200m
  • 2010/08/16
    曇・稍重
    盛岡・1200m

クラスターカップのラップタイムデータ

ラップタイムデータがありません。
主催者からレースラップタイムデータが提供されていない、もしくは、ラップタイムがデータベースに登録されていません。

1~3着の詳細レース結果

クラスターカップの過去5年のレース結果です。

開催年 馬名 人気 性齢 騎手 斤量 馬体重 3角 4角 脚質 上3F 所属
2015 1 ダノンレジェンド 6 10 牡5 デムーロ 56.0 448 1 1 35.9 JRA Macho Uno
2 ポアゾンブラック 3 4 牡6 阪野学 54.0 528 5 5 36.4 地方 マイネルラヴ
3 ラブバレット 8 13 牡4 南郷家全 54.0 467 3 3 37.3 地方 ノボジャック
2014 1 サマリーズ 6 9 牝4 藤岡佑介 52.0 512 2 2 34.7 JRA Hard Spun
2 スイートジュエリー 8 13 牝5 戸崎圭太 52.0 515 4 3 34.3 JRA キングカメハメハ
3 シルクフォーチュン 8 14 牡8 藤岡康太 56.0 459 13 10 34.2 地方 ゴールドアリュール
2013 1 ラブミーチャン 8 13 牝6 戸崎圭太 55.0 502 3 3 34.8 地方 サウスヴィグラス
2 タイセイレジェンド 4 5 牡6 内田博幸 59.0 524 2 2 35.0 JRA キングカメハメハ
3 ノーザンリバー 6 10 牡5 武豊 55.0 482 6 6 34.3 JRA アグネスタキオン
2012 1 タイセイレジェンド 1 1 牡5 内田博幸 54.0 528 1 1 35.2 JRA キングカメハメハ
2 セレスハント 2 2 牡7 田中勝春 56.0 482 5 3 35.6 JRA コロナドズクエスト
3 アイルラヴァゲイン 8 12 牡10 松岡正海 55.0 515 7 5 35.8 JRA エルコンドルパサー
2011 1 ドスライス 5 8 牡5 柴田善臣 54.0 533 2 2 36.3 JRA Speightstown
2 グランドラッチ 7 11 牡6 吉田豊 54.0 565 9 6 35.4 JRA Grand Slam
3 ラブミーチャン 3 3 牝4 濱口楠彦 52.0 515 1 1 37.7 地方 サウスヴィグラス

クラスターカップレース動画(YouTube)

2015年クラスターカップ

競馬予想ブログ

ニュース

Wikipedia

クラスターカップは、岩手県競馬組合が盛岡競馬場で施行する地方競馬の重賞競走(JpnIII)である。

正式名称は「農林水産大臣賞典 クラスターカップ」。

盛岡競馬場が現在の地に移転新設された1996年に創設、第1回は盛岡競馬場のダート1200mであった。

翌1997年からはダート競走格付け委員会によってGIIIに格付けされたが、2007年からはJpnIIIに表記変更されている。

2007年・2008年は水沢競馬場のダート1400mで行われ、2009年からは、再び盛岡競馬場のダート1200mに戻り施行されている。

岩手競馬の夏の定番となっている短距離重賞で、特に秋以降の国内ダート短距離路線を占う競走となっている。

2010年にこの競走を快勝したサマーウインドは続く東京盃、JBCスプリントも勝利し、短距離路線の頂点に立った。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

関連リンク

地方競馬情報サイト(keiba.go.jp)、オッズパーク、楽天競馬、南関東4競馬場など、地方競馬のオフィシャルサイトが提供するクラスターカップの関連リンクです。

特集ページ
ありません
出馬表
ありません
レース結果
ありません
その他
ありません