川崎記念(Jpn1)

2016年1月27日に開催された川崎記念(Jpn1・川崎・ダート2100m)に関するデータページです。
過去5年のレース傾向、ラップタイム、レース結果・映像(YouTube)、KLANユーザーのブログ記事を見ることができます。川崎記念の予想にご参考ください。

この地方競馬データページは競馬データベースサイトKLANが提供している開発版機能です。
本ページへの機能追加要望、不具合報告などございましたら、お問い合わせよりご連絡ください。

川崎記念の傾向データ

枠番の傾向

1枠の複勝率
50.0%
  1. 1枠
    2
  2. 2枠
    0
  3. 3枠
    2
  4. 4枠
    2
  5. 5枠
    3
  6. 6枠
    0
  7. 7枠
    1
  8. 8枠
    2
3着以内の数

所属の傾向

JRA所属馬の成績
4-5-2-13
3着内占有率
JRA
73.3%
地方
26.7%
海外
0.0%

開催条件

2016
川崎・ダ2100m
  • 2015/01/28
    晴・重
    川崎・2100m
  • 2014/01/29
    晴・良
    川崎・2100m
  • 2013/01/30
    晴・稍重
    川崎・2100m
  • 2012/01/25
    晴・不良
    川崎・2100m
  • 2011/01/26
    晴・良
    川崎・2100m
  • 2010/01/27
    晴・良
    川崎・2100m

川崎記念のラップタイムデータ

1~3着の詳細レース結果

川崎記念の過去5年のレース結果です。

開催年 馬名 人気 性齢 騎手 斤量 馬体重 3角 4角 脚質 上3F 所属
2015 1 ホッコータルマエ 5 5 牡6 幸英明 57.0 507 4 2 39.4 JRA キングカメハメハ
2 カゼノコ 8 11 牡4 秋山真一 56.0 452 7 3 39.2 JRA アグネスデジタル
3 サミットストーン 7 10 牡7 石崎駿 57.0 559 1 1 40.1 地方 ロージズインメイ
2014 1 ホッコータルマエ 5 5 牡5 幸英明 57.0 506 2 2 38.4 JRA キングカメハメハ
2 ムスカテール 4 4 牡6 岩田康誠 57.0 479 4 3 38.4 JRA マヤノトップガン
3 トウショウフリーク 3 3 牡7 武豊 57.0 483 1 1 39.8 JRA キングカメハメハ
2013 1 ハタノヴァンクール 3 3 牡4 四位洋文 56.0 492 2 2 37.2 JRA キングカメハメハ
2 ワンダーアキュート 8 11 牡7 和田竜二 57.0 518 2 3 37.3 JRA カリズマティック
3 グラッツィア 1 1 牡5 岩田康誠 57.0 478 1 1 37.7 JRA キングカメハメハ
2012 1 スマートファルコン 5 5 牡7 武豊 57.0 506 1 1 38.5 JRA ゴールドアリュール
2 ランフォルセ 1 1 牡6 横山典弘 57.0 498 3 2 38.8 JRA シンボリクリスエス
3 フリオーソ 4 4 牡8 戸崎圭太 57.0 508 2 3 39.9 地方 ブライアンズタイム
2011 1 フリオーソ 4 4 牡7 戸崎圭太 57.0 507 1 1 37.7 地方 ブライアンズタイム
2 メイショウタメトモ 2 2 牡6 福永祐一 57.0 446 4 3 38.6 JRA ジョリーズヘイロー
3 ボランタス 6 7 牡7 山崎誠士 57.0 535 2 2 38.8 地方 ティンバーカントリー

川崎記念レース動画(YouTube)

2015年川崎記念

競馬予想ブログ

ニュース

Wikipedia

川崎記念(かわさききねん)は、日本の神奈川県川崎競馬組合が川崎競馬場のダート2100mで施行する地方競馬の重賞(jpn1)競走である。

日本の競馬開催で最初に施行されるGI競走でもある。

1951年に開設記念として創設、第1回は川崎競馬場のダート3000mで施行された。

創設当初は南関東地区の古馬最強馬決定戦として位置付けられた。

しかし翌年には、ダート2600mに短縮、1954年にダート2800mに延長、更に1955年はダート2400m、1956年はダート2000m、1957年はダート2300m、1959年には当初の施行コースダート2600mに戻されたが、1961年にダート2200mに短縮、いく度の距離改正の末1964年にダート2150mに納まった。

また1999年に、ドバイワールドカップへの日本国内の前哨戦の意味合いを更に高めることを目的として出走可能頭数を12頭から14頭に増加させる措置が取られた。

そのため、ダート2000mからダート2100mに距離を延長。

現在では中央競馬のフェブラリーステークスと共にドバイワールドカップの前哨戦、あるいは年始のダート最強馬決定戦としての地位を確立した。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

関連リンク

地方競馬情報サイト(keiba.go.jp)、オッズパーク、楽天競馬、南関東4競馬場など、地方競馬のオフィシャルサイトが提供する川崎記念の関連リンクです。

特集ページ
ありません
出馬表
ありません
レース結果
ありません
その他
ありません